!!重要!! 皆様に「メールの送受信」に関するご連絡があります。

ランディングページ(LP)はストーリー性が重要で必須!

ゼロから副業で稼ぐ方法
  1. 魅力的なランディングページ(LP)があなたに多額の報酬を生み出してくれる
  2. ランディングページ(LP)を軽視していると収益の発生は難しい
  3. ランディングページ(LP)はポイントを押さえれば誰でも書ける
  4. 魅力的なランディングページ(LP)はあなたの今後の収益を左右する
  5. 魅力的なランディングページ(LP)を作るカギはあなたが既に持っている
  6. ランディングページ(LP)にストーリー性が求められるのはなぜか?
  7. ランディングページ(LP)ではストーリーが重要と言われる理由
  8. ランディングページ(LP)に必要なストーリー性とは何なのか?
    1. AIDAの法則 
      1. Attention:注意
      2. Interest:興味
      3. Desire:欲求
      4. Action:行動
    2. QUEST FOMULA
      1. Qualify:絞り込む
      2. Understand:共感する
      3. Educate:教育する
      4. Stimulate:興奮させる
      5. Transition:変化させる
  9. 人の心理をうまくついた魅力的なランディングページ(LP)
    1. 1.大正製薬
    2. 2.エステティックTBC
  10. 魅力的なランディングページ(LP)は堅苦しい書き方では効果は薄い
  11. ランディングページ(LP)に必要なオリジナリティーの出し方
  12. ランディングページ(LP)で必要なストーリー性を構築する為の最重要ポイントは”あなた”!それを引き出す具体的なステップ
    1. ステップ1.あなた自身の過去を書き出す
    2. ステップ2.その過去の出来事に対して、その時の感情を付ける
    3. ステップ3.その過去の出来事に対して、得意・不得意を付ける
    4. ステップ4.その過去の出来事に対して、嬉しい・悲しいを付ける
    5. ステップ5.ステップ1~4までを思い返し、どんな言葉や感情を表していたか思い起こす
  13. 魅力的なランディングページ(LP)はストーリー性を出し、相手の心に響かせることが稼ぐために不可欠
  14. ランディングページ(LP)はあなたの収益を増加させてくれる必須要素
  15. ランディングページ(LP)で相手を魅了するストーリーを構築して行こう

魅力的なランディングページ(LP)があなたに多額の報酬を生み出してくれる

ネットビジネスで稼いでいこうと思ったら外せない要素がいくつもあります。

それがランディングページ(LP)です。

※ランディングページ(LP)の全体像についてコチラで詳しく記してありますので、1度ご覧になって下さい。

アフィリエイトに必要なランディングページ(LP)とは?

アフィリエイトでも転売でもネットで行うビジネスで成功している人は、必ずLPを設置しているのです。

現に、成功している企業や一般人も、このLPで9割の収益を上げていると言われており、この有無や完成度によって大きく成果が左右されています。

ランディングページ(LP)を軽視していると収益の発生は難しい

LPは他の一般ページとは異なり、1枚で相手の心を導く役割を持っています

つまり、このページだけで直接相手に購入という行動をとってもらうことを目的としており、結果を出すために重要なのです。

しかし、LPを軽く考えており「稼げない」と叫んでいる人も非常に多くいる現状もあります。

テキトーに書いていれば、相手の心に響くLPは作れるはずもなく、当然のように報酬には結びつかないのです。

ランディングページ(LP)はポイントを押さえれば誰でも書ける

とはいえ、決して難しい文章が必要だと言っているのではありません。

小説や新聞、論文や伝記・・・

このような文学的に完璧な文章力や表現は、ネットビジネスに関して言えば必要ありません

もちろん今後徐々に情報のインプットは行っていく必要はありますが、高度な文章力や技術は不要で、これから解説するポイントを押さえれば一気にあなたは魅力的なLPが書けるようになります。

魅力的なランディングページ(LP)はあなたの今後の収益を左右する

LPは直接成果に結びつくページです。

ここで相手の心をわしづかみにすれば、あなたの紹介する商品・サービスが売れ、月収100万円以上が毎月、しかもずーっと振り込まれ続ける可能性があります。

自由に好きなことが好きな時にできる解放された人生が待っています。

しかし、LPがテキトーでは直接収益を発生させるチャンスをみすみす逃すことになり、お金はいつまでも入ってきません

苦痛を感じる会社で低い給料のために働き、自由の制限される生活を歩むことになります。

魅力的なランディングページ(LP)を作るカギはあなたが既に持っている

しかし、先ほども言いましたが、小説のような文章が書けなくても相手の心に響くLPは作れます。

それを可能にするのが「文章構成」なのですが、文章を構成するパーツを組み替えるだけで、文章が一気に輝くのです。

私のような国語力“0”の人間でも理解できる内容なので、あなたであれば問題なく完成度の高いLPにつなげていくことができますよ。

ランディングページ(LP)にストーリー性が求められるのはなぜか?

コミュニケーションは文章で行う

人は何かを理解するとき、流れに沿って自分の心と頭を整理していきます。

その流れがバラバラの場合、理解することは困難であり、ある人は理解すること自体を諦めてしまうこともあります。

つまり、その流れを的確な順番で構成していかないと、人の心を導くことができないのです。

それが「ストーリー性」であり、読者さんがアクションに至るまでのステップとしてLPに落とし込むことが重要なのです。

ランディングページ(LP)ではストーリーが重要と言われる理由

ネット上でよく見られる広告をクリックすると、基本的にはLPへ飛びます。

突然ですがここで質問です。

もし目の前に広告があるとして、あなたはどんな心理状態で広告をクリックしますか?

多かれ少なかれ興味があるからこそクリックするのではありませんか?

「新しい●●が欲しいな~」
「お、これって○○の△△だ」
「人気あるみたいだし、ちょっと覗いてみようかな~」

と言って広告をポチっとすると思います。

全く興味がなければスルーしますよね。

つまり、読者さんは「試しに見てみようか」くらいの感覚で見ることがほとんどです。

言いかえれば「ぼんやりとした目的を持って情報を探している」のです。

この時点ではまだ「コレにしよう!」と断定しているわけではなく、曖昧な状態です。

あくまで「選択肢」として挙がっただけなので、購入してもらうためにはその商品の優位性や機能をしっかり伝える必要があるのです。

そうすることで、

「少し興味があるから試しに見てみよう」

というぼんやりした好奇心から

「これは絶対役に立つ!ぜひ購入しよう!」

と思ってもらえるようなストーリー構成を組み立てることで、より理解が深まり購入してもらえる可能性が高まるのです。

しかし、このように「ぼんやりとしていても興味がある読者さん」が入ってくるからこそ、

LPでしっかりと解説し、心を惹き込む必要があるのです。

ランディングページ(LP)に必要なストーリー性とは何なのか?

そもそも”効果的な”「集客」とはいったいどういうことなのか?

相手に行動してもらうためには、LPでのストーリー性が重要です。

ぼんやりとはしていても既に興味のある人がアクセスしてくるので、このストーリー性を整えて行けば、成約率は急激に増加します。

では、「ぼんやりとしていても興味がある読者さん」を引き込むストーリー性とはどのようなものでしょうか。

以下で代表的なストーリー性をお伝えします。

AIDAの法則 

アメリカの広告と販売のパイオニアである、セント・エルモ・ルイス氏が明確化した消費者行動のプロセスです。

1898年に提唱されて以来、ビジネスの世界で多くの成功者を出してきた法則になります。

大きく4つの要素に分けて構成されています。

Attention:注意

最初に“つかみ”で読者さんの興味を引きます

問題解決をしたい読者さんに

「なにそれ!」
「そんなものがあるのか?」
「え、マジ!?」

と思わせることが重要です。

読者さんの悩みや問題にズバッと突き刺さるような文章が響きます。

すごくコンパクトなのに吸引力は大型機そのもの!

音は感じず電気代は月○○円。

発売後わずか1時間で全国で売り切れ続出の掃除機「●●」とは?

セールスレターであればヘッドライン(見出し)、キャッチコピー

DM(ダイレクトメール)であれば、ポストから取り出した際に一番最初に見える封筒に書かれている文字(ティザーコピー)や封筒の形

メールの場合は、件名になります。

しかし、どのような形であれ、読者さんの注意を引くためには、最初の接点が重要であることに変わりありません。

いかに読み手の注意・興味を引くことができるかということ・・・冒頭で興味を持ってもらえなかったら、その後は読んでもらえませんよね。

読者さんが知りたいと思う

  • 情報
  • ニュース性(最新情報)
  • 好奇心がそそられること

・・これらは一体どんなものがあるのかを考え、読者さんが

「面白そうだ、ちょっと読んでみようかな!」

という気持ちにさせることが重要なのです。

Interest:興味

詳細な説明など、読者さんが興味を持ってくれそうな内容を書きます。

ココは関心をもってもらうことが目的であり、ポイントはなるべく早く、読者さんに共感してもらい納得してもらうことを意識します。

読み手が抱える深い問題・悩みに共感してあげることも大切なことになります。

この掃除機は●●で細かい隙間のホコリもキレイに吸い取ります。

見た目はコンパクトですが、性能は大型機並みなので、どこでもホコリを強力に除去できます。

Desire:欲求

続いて、読者さんが

「コレ欲しい!」
「絶対必要だわ!」

と言った「必要性」を掻き立てます

そのために、読者さんにとってのメリットや他のメーカー・製品との差別化要素を伝えます。

また、読者さんが抱えている問題が解決できる理由を示すことも効果的です。

今まで苦労していた棚の上や後、いつもどうやったらキレイになるのか悩んでいた日々・・・

しかし、この●●はそれを一気に解消!

この商品は他者の○○と比べて吸引力がとにかく上です。

この映像のように一度かけたあとの汚れにここまで差がるのです。

今まで掃除機をかけたにもかかわらず足の裏が真っ白・・・なんてことも、この●●で解決できます。

このように、提案する商品・サービスを購入することで、どんな未来を手に入れることができるか?解決できるのか?を伝え、

「これは欲しいな~」

・・とメリットを感じてもらえれば、ココの要素でのゴールとなります。

Action:行動

最後に、読者さんが申し込みや購買などのアクションをとるための最後のひと押しをします。

なぜ「今」「ここ」で買うのがいいのか?

を強調します。

◯月◯日までの受付(期限・デッドライン)

数に限りがある・先着◯名(限定性)

こんな人にオススメ(条件付き)

・・このような人間の行動心理を用いるのが効果的です。

また、読者さんが行動しやすくするために「申込はこちら」という目立つボタンを設定したり、「必要事項を記入し送信してください」というような最終的に取って欲しい行動を文章で丁寧に伝えることも重要になります。

QUEST FOMULA

コピーライターのマイケル・フォーティン氏が考案したコピーライティングの法則です。

「AIDAの法則」を補完する形で作られ、セールスコピーを次の5つの要素に分けてあります。

Qualify:絞り込む

対象とする読者さんを絞り込み、成約効率をアップさせます。

商品を購入する可能性のある人(見込み客)のみを惹き込む内容を記して行きます。

このパートでの役割は

  • 読者さんを特定する
  • 問題を自覚させる

の2つになります。

例えば、掃除機を提案するとしたら・・・

「細かなホコリに悩んでいませんか?」
「何度も掃除機を出すのが面倒ではありませんか?」

・・など、抱えている問題や解決した時の素晴らしさなどについて質問形式で問いかけると該当者には興味を持ってもらえます。

また、

「昨日掃除機をかけたばかりなのにこんなに床がホコリだらけ・・・」
「一度掃除機をかければわずかなホコリさえ除去できる掃除機があればどれだけ楽だろうか?」
「これでは毎日来客があってもうかつに家に上げられない・・・」

という感じです。

つまり、「これは自分のための情報だ」という意識を持ってもらうことで興味を持って読んでもらうことにつながります。

Understand:共感する

「Qualify:絞り込む」で読者さんを絞り込んだら、読者さんの悩みをどれほど理解しているのかを伝えて、共感します

このパートでは

  • 読者さんの痛みに共感し分かち合う
  • 問題の痛みを強調する
  • 早く問題を解決したいと感じさせる

・・このように読者さんが抱えている問題について共感します。

ココでしか解決できない理由を挙げて、現状が続けばさらに悪化することを伝えます。

痛みを倍増させることで、一見否定的な表現ですが、相手の頭の中に危機感を増大させます。

もし、あなたが読者さんと同じような過去を体験していたなら、「昔は私も同じ悩みを抱えていました・・・」という事実に基づいたストーリーを付け加えるとより効果的です。

さらに自らの失敗談などをさらけ出すことで、共感はより深まり信頼が生まれます。

Educate:教育する

このパートでは、商品・サービスの特徴やメリットについて説明し、

「この商品は○○ですよ」
「こんな効果があるんですよ」
「他にはない●●という機能があるんですよ」

といった教育をします。

「Understand:共感する」で構築した信頼をさらに強調して、商品が読者さんにとって、メリットが大きいことを説明します。

データや事実を用いて信憑性を高め、納得してもらいます。

あらゆる思い込みや誤解をなくします。

また、口コミや成功者の文章などを紹介して、購入しない理由を消していきます。

Stimulate:興奮させる

このパートでは、

「この商品を買うことで、あなたにとってどんな素晴らしことがあるのか」

を解説し、購入までの後押しをします。

これは「ベネフィット」と呼ばれるものです。

商品・サービスを手に入れることで得られる世界を想像してもらい、意識を購入へと向けます。

そのためには、特典や保証を付けたり、希少性を強調することで価値を追加します。

また、購入した場合のメリットと、購入しなかった場合のデメリットを書いていき、購入することに対する意欲を高めます。

Transition:変化させる

読者さんからお客さんへと変化させる、いわゆる“クロージング”の部分です。

このパートでの役割は

  • 注文フォームから商品を申し込んでもらう
  • 最後の一押しをする

・・この2つがあります。

確実に申し込みをしてもらうために、最後に説得力のある文章を突っ込んで行きます。

  • お得感をアピールする
  • 新たなベネフィットの提示
  • 返金保証、限定特典の追加

・・などで、購入するための最後の一押しをします。

「これは手に入れないと損だ!」

・・と感じさせることができれば成功です。

この他にもいくつかありますが、基本的にはこの2つの流れでほとんどのLPが構成されています。

的確に人の心理を踏まえ、計算された構成となっております。

人の心理をうまくついた魅力的なランディングページ(LP)

では、実際にどのようなLPが理想なのか。

大企業のLPが最も分かりやすいので、2つほどご紹介します。

1.大正製薬

サプリメントや栄養食品を購入するときに気になることと言えば、「効果が本当にあるのか?」という期待と不安です。

そのため、この大正グルコサミンの LPでは、30日間のお試し期間をメインとし、割引、送料無料、といった様々なメリットをつけることで、購買を強力に後押ししています。

また、定期コースの場合威、使用者の都合で休んだりもできるため、利便性が高いです。

「1か月間試せるなら一回申し込んで模様かな・・・」と思ってしまう、見事な構成の LPだと思います。

大正製薬:大正グルコサミン

2.エステティックTBC

こちらのLPは、有名芸能人であるローラさんを起用し、イメージアップを図っています。

内容は写真屋画像がメインのシンプルなものですが、

  • 顧客の注意を引く
  • 悩みを解決するポイントを提示し興味を持ってもらう
  • そこでサービスのポイントと独自のメリットを上げ、「これは良いかも?」と思わせる
  • 最後に購入してもらう

という典型的なAIDAの構成です。

商品の良さをただ謳うだけではなく、

「手軽に脱毛したい」→「自己処理する手間がなくなり、ピカピカな皮膚が保持できる」

というように顧客の悩みに対して適切に解決策を出しており、これだったら本当に良いかもとついつい思わせてしまいます

エステティックTBC

魅力的なランディングページ(LP)は堅苦しい書き方では効果は薄い

相手をいかに行動まで導くか?

そのストーリーを上で紹介した構成に当てはめ作成していく必要があります。

しかし、形式ばった書き方では読者さんからすると「つまらない」と感じてしまうかもしれません。

それを回避する方法として、あなたのオリジナリティーが重要になってきます。

ランディングページ(LP)に必要なオリジナリティーの出し方

「オリジナリティー?どうやって出せばいいの?」

・・いきなりオリジナリティーと言われても難しいですよね。

でも、すごく単純で、あなたの体験・考えを混ぜることがオリジナリティーなのです。

読者さんを惹きつけるストーリー性のある文章は“あなたというフィルター”を通した内容の方がより引き込まれやすいのです。

そのために、あなたの過去を洗い出す「自分棚卸」が必要になり、そのステップが以下になります。

  • ステップ1.あなた自身の過去を書き出す
  • ステップ2.その過去の出来事に対して、その時の感情を付ける
  • ステップ3.その過去の出来事に対して、得意・不得意を付ける
  • ステップ4.その過去の出来事に対して、嬉しい・悲しいを付ける
  • ステップ5.ステップ1~4までを思い返し、どんな言葉や感情を表していたか思い起こす

では具体的に解説していきます。

ランディングページ(LP)で必要なストーリー性を構築する為の最重要ポイントは”あなた”!それを引き出す具体的なステップ

ステップ1.あなた自身の過去を書き出す

あなたの過去を

  • 「幼少期」
  • 「小学生」
  • 「中学生」
  • 「高校生」
  • 「大学生」
  • 「社会人から現在」

に分類し、それぞれの時期に起こった印象深い出来事を10個ずつ書き出す。

例:幼少期 → 人が怖くなった

ステップ2.その過去の出来事に対して、その時の感情を付ける

書き出した出来事について「喜怒哀楽」の感情を付ける

例:人が怖くなった → 怖い

ステップ3.その過去の出来事に対して、得意・不得意を付ける

書き出した出来事について「得意・不得意」を付ける

例:人が怖くなった → ズバズバ言う人が苦手になった

ステップ4.その過去の出来事に対して、嬉しい・悲しいを付ける

書き出した出来事について「嬉しい・悲しい」を付ける

例:人が怖くなった → 恐怖・苦痛・・・

ステップ5.ステップ1~4までを思い返し、どんな言葉や感情を表していたか思い起こす

書いてまとめた出来事について、そのときどんな風な性格だったのか、どんな言葉を使っていたのかを思い出しながら書き出す

以上になります。

魅力的なランディングページ(LP)はストーリー性を出し、相手の心に響かせることが稼ぐために不可欠

今回LPについて

  • あなたの収益性を左右する
  • 相手の心に響かせるにはストーリー性を考え構成していく
  • 相手に行動してもらうために有効な構成タイプ
  • 効果的なLPにはあなたのオリジナリティーが必要
  • オリジナリティーを出すために必要な具体的なステップ

・・このような内容を解説してきました。

しっかりとしたストーリーを構築できれば、あなたのLPは読者さんを引き込めます。

それを可能にするのはあなた自身の経験であり考えなのです。

効果的なLPを作成し1秒でも早く稼ぐために、今すぐ以下の課題を実行してください。

  • ステップ1.あなた自身の過去を書き出す
  • ステップ2.その過去の出来事に対して、その時の感情を付ける
  • ステップ3.その過去の出来事に対して、得意・不得意を付ける
  • ステップ4.その過去の出来事に対して、嬉しい・悲しいを付ける
  • ステップ5.ステップ1~4までを思い返し、どんな言葉や感情を表していたか思い起こす

今すぐ実行し、私にメールで報告してください。

ゆうに実践報告をする

ランディングページ(LP)はあなたの収益を増加させてくれる必須要素

魅力的なLPが作れれば、収益が生まれる確率が急激に上がります。

しかも、一度設置してしまえば、ネットが無くならない限り長期的に稼ぎ続けることができます

いつしか縛られ続ける会社を辞め、みんなが一生懸命働いている中、一人南国ビーチでバカンスなんてことも夢ではありません。

逆に、この記事を読んでもテキトーにLPを考えていれば、あなたの収益は増えません。

何年たっても稼げず、いつまでも苦痛な社会生活人生を送り続けるのです。

ランディングページ(LP)で相手を魅了するストーリーを構築して行こう

LPは構造さえ間違わなければ、誰でも魅力的なものが作れます。

そのためにはあなたのオリジナリティーが必要で、他には出せない独自性を持って相手に共感を持ちかければ、きっと読者さんは魅力を感じてくれます。

あなたの思いを全て出し切り、1つの「あなただけの小説」のようなストーリーを書き上げて行って下さいね。

もし、何か分からない事や聞きたいことがありましたら、以下のリンクをクリックして、遠慮なくご連絡してくださいね。

ゆうに問い合わせする

以上になります。

あなたが1秒でも早く稼いでいくための手助けになればうれしいです。

最後まで長々と読んで下さり、ありがとうございました。

今回の記事があなたが稼ぐ為のお役に少しでもお役に立てることを祈って、失礼致します。

ゆう

※以下、あなたに合わせて読んでいただきたい記事を記します。

あなたが稼いで行くための「地図」としてきっとお役に立てると思いますので、ぜひご覧になって下さい。

[box class=”blue_box” title=”あなたが稼いで行くために役立つ地図”]

アフィリエイトは文章力が必要ないのか?その真相を徹底解明

[/box]

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.