!!重要!! 皆様に「メールの送受信」に関するご連絡があります。

intitleとallintitleでお宝キーワードを発掘!最強のツールも含めた方法を徹底解説!

ゼロから副業で稼ぐ方法
  1. ブログのアフィリエイトは選定するキーワードが成功を左右する
  2. キーワード選定での”致命的な落とし穴”
    1. キーワードの「落とし穴」はライバルに無謀な戦いを挑むこと
  3. ライバルのチェックは「intitle」と「allintitle」が重要
  4. 「intitle」「allintitle」でライバルとなるキーワードを避けることができる
  5. お宝キーワードを確実に見つけ、”絶対に”稼げる状況を作ろう
  6. なぜ「intitle」「allintitle」がライバルを避けたキーワード選定を可能にするのか?
  7. 「intitle」「allintitle」の意味と違いとは?
    1. 「intitle(インタイトル)」
    2. 「allintitle(オールインタイトル)」
  8. 「intitle」「allintitle」の件数でライバルの多さを見極める
    1. 「intitle」はキーワードの検索される可能性の高さを表す
    2. 「allintitle」は複合キーワードをフルに使ったライバルをチェックする
  9. ブログで稼ぐためにはライバルチェックが必須
  10. 「intitle」と「allintitle」でお宝キーワードを見つけ、ライバルを”無視”しよう
  11. 「intitle」と「allintitle」の調べ方と狙い目なお宝キーワードの見つけ方
    1. ステップ1.ターゲットを想定したキーワード候補をいくつか挙げる
    2. ステップ2.「intitle」と「allintitle」で”ステップ1″の複合キーワードを入力
      1. ①検索窓に「intitle:オムライス ふわふわ レシピ 人気」と入力する
      2. ②図左上に「オムライス ふわふわ レシピ 人気」の1つ以上が含まれる記事タイトル数が出る
      3. ③検索窓に「allintitle:オムライス ふわふわ レシピ 人気」と入力する
      4. ④図左上に「オムライス ふわふわ レシピ 人気」の全てが含まれる記事タイトル数が出る
    3. ステップ3.「intitle」と「allintitle」の件数をそれぞれ書き出す
    4. ステップ4.書き出したものから「intitle」が多く「allintitle」が少ない複合キーワードを見つけ、記事タイトルに入れていく
  12. キーワード選定は実践してみると地道で大変に感じる
  13. 「intitle」と「allintitle」がライバル無視のお宝キーワードを見つけるための”カギ”
  14. 「intitle」と「allintitle」で簡単にブログへのアクセスをアップ
  15. 「intitle」と「allintitle」はライバルを無視しアクセスアップに必須の”お宝キーワード”
  16. 「intitle」と「allintitle」を理解し、ライバルを無視した「お宝キーワード」を発掘しよう
  17. キーワード選定も効果的にできる「ネットビジネス無料講座」

ブログのアフィリエイトは選定するキーワードが成功を左右する

アフィリエイトはインターネット上でのビジネスで、お客さんが検索をかけてやってくる「ブログ」で収益を上げるシステムです。

ブログはアナログ世界の「お店」でその経営者は「あなた」です。

今では誰でも(それこそ子供でも)ネットにアクセスでき、欲しいものを”お店から”いつでも購入できる時代になっています。

しかし、お客さんがあなたのお店を見つけられない場合、当然あなたの売り上げは”0”のまま。

売り上げ0のまま

売り上げ0のまま・・・

そこで考えるのが「キーワード」。

これは、お客さんがあなたのお店を見つけるためのツールですね。

つまり、キーワード選定ができていないということは、お客さんがたどり着く目印がないので、たどり着けないということになります。

また、サイトのコンセプトとズレている、見当違いなキーワードを選定していると、検索エンジンから

  • 「こいつ、言ってることとやってることが違う」
  • 「オモテはこんなこと言ってるけど裏はこんなことを・・・怪しいな」

‥と思われ評価が低くなり検索順位がいつまでたっても低いまま

このように、キーワード選定こそがブログの命運を分けると言っても過言ではないのです。

…にも関わらず、

  • キーワード選定ができていないため
  • ネットビジネスで結果が出ず挫折してしまう人も多い

‥という非常にもったいない現実があるんですね。

キーワード選定での”致命的な落とし穴”

「キーワード選定がブログで稼げるか稼げないかを左右する」

この思考はある意味ネットビジネスの”常識”として根付いています。

ベテランはもちろん、ネットビジネスの初心者でも、情報を探し始めればキーワードの重要性は嫌と言うほど分かってくるでしょう。

しかし、それでも稼いでいる人の割合は少ないのです。

アフィリエイト実践者の約半数が稼げていない

アフィリエイトの1か月平均収入

アフィリエイト実践人口の50%以上が5000円未満もしくは全く稼げていない現状があります。

それはなぜなのか?

それは、「ライバルが飽和しているキーワードの選定」をしているから。

キーワード自体はサイトにマッチしており何ら問題なさそうなものでも、この「落とし穴」がキーワードを無力化してしまうのです。

キーワードの「落とし穴」はライバルに無謀な戦いを挑むこと

仮に、

  • 「あなた → ライオン」
  • 「私 → ハムスター」

・・とします。

体格の違いは”知識と経験の違い”だと思ってください。

私(ハムスター)が突然、あなた(ライオン)に戦闘を挑んだとして、どちらが勝つと思いますか?

当然過ぎますが、比べるまでもなく

「私(ハムスター)が、あなた(ライオン)に負けます」・・・食べられてしまいます。

どうあがいても私(ハムスター)はあなた(ライオン)に勝てないのです。

ネットビジネスの世界も同じ。

とくに、初心者はまだ知識も経験もなく、小さいハムスター。

ガッツリ稼いでいるライバルは知識も経験豊富な大きなライオン。

しかも、ライオンは無数にゴロゴロいます。

強敵に突っ込むのは無謀

余裕で待ち構えている”強者”

そんな中、ハムスターが勝負を挑むのは自爆行為じゃないですか。

そこで、ハムスターはライオンを避ける方法で生きていく必要があり、ネットビジネスの世界でも「初心者はいかにライバルを避けられるか」が成果を出すために必要な思考となります。

そして、その中心となるのが「キーワード選定」

できるだけライバルの少ないキーワードを選定することによって、稼げる道の扉が開かれるのです。

ライバルのチェックは「intitle」と「allintitle」が重要

「ライバルの少ないキーワードなんてどうやって見つけるのさ…?」

そう思う人もたくさんいるでしょう。

ただ、これには正しい戦略と方法がありまして…。

あなたのライバルとなり得る人は、みんながチェックをしていると思います。

「自分が戦える場所なのか?」

という不安を解消し、勝てる可能性の高い

人は好奇心のあることをキーワードとして検索しています。

検索するキーワードは様々で、無数にあります。

その中からライバルの少ないキーワードを選定するのは至難の業です。

しかし、世の中便利なもので、それを調べる術が

  • 「intitle」
  • 「allintitle」

・・という2つの言葉なのです。

「intitle」「allintitle」でライバルとなるキーワードを避けることができる

キーワード選定でライバルを避けることができれば、大きく稼げる道へ足を踏み込むことになります。

避ける

「(all)in + title」なので、タイトルに含まれるキーワードの調査に使われるワードなのです。

詳しくはこれからお伝えしていくのですが、この「intitle」「allintitle」の概念を理解すると、

「ライバルが少ない狙い目なお宝キーワード」

・・を見つけることが可能となります。

それを用いてタイトルに組み込むことはもちろん、記事中に散らすことによって

  • ブログがターゲットに検索されやすくなり
  • 検索エンジンの評価が上がり、検索上位に表示されやすくなり
  • ターゲットのアクセスが増えるので
  • 比例して収益も増加する

・・つまり、自分のブログがパワーアップし、収入がどんどん上がっていくのです。

 苦痛と不満しかない会社の奴隷から解放され、自由を手にし文句の言われない生活を手にすることも可能となります。

ただ、中には「弱い者は強い者に挑むのが美徳」と考える人もいるでしょう。

自分より格上と戦って自分の実力を知り、今後につながるための経験を「宝」と考える人もいるでしょう。

しかし、ネットビジネスの世界では、それはタダの「無謀」です。

無謀

無謀なことはしないことが賢明!

弱い者は強い者をできる限り避け、成果を出して行くことがネットビジネスで稼ぐようになるために必要な考えなのです。

強い者を避けるためには、「intitle」「allintitle」を念頭に置きキーワード選定を行う必要がありますが、これが不十分だと、

  • ブログがターゲットに検索されない
  • 検索エンジンの評価が上がらず、ずっと上位に表示されない
  • ターゲットのアクセスは当然増えない
  • 収益が増えることはない

‥ブログは常にスカスカで、年中赤字のお店になってしまいます。

今までと同じく、会社の奴隷とし苦痛を味わいながらストレス渦巻く世界で生きていかなければなりません

お宝キーワードを確実に見つけ、”絶対に”稼げる状況を作ろう

でも、安心してください。

  • 「intitle」
  • 「allintitle」

この2つは一見難しそうに見えますが、内容はとてもシンプルです。

数学や物理、ひいては英語のような勉強もハッキリ言って必要ありません。

すごく単純で、私のような「豆腐メンタル×パソコンスキル無し×すぐ頭真っ白になる」人間でも理解できる内容です。

つまり、あなたなら確実に理解し、考え方をモノにできると断言します。

では、

  • 「intitle」
  • 「allintitle」

この2つの意味合いについて、詳細をお伝えしていきます。

なぜ「intitle」「allintitle」がライバルを避けたキーワード選定を可能にするのか?

あなたがブログで使うキーワードを考える上で、最も気にしなければいけないことは何でしょうか?

  • サイトにピッタリの言葉?
  • 見た目のカッコよさ?
  • 語呂の良さ?

どれも半分正解で半分間違いです。

これは何度も申し上げていることなのですが、最も注意を払わないといけないことは「相手の目線でモノを考える」ということです。

上で挙げたものは二の次で、相手の心を見極めることが重要です。

 

「ターゲットがどんな言葉で検索してくるか」を考えられなかったら、いくらキーワードを狙っても、ブログへのアクセスも”0”のままです。

その中で「ライバルの少ないキーワード」を使えばターゲットに検索されやすくなり、ブログを読んでくれる可能性が高くなります。

しかし、ただ検索結果に表示されるだけではブログにアクセスは来ません。

検索されてもクリックされないと意味が無く、検索結果が何ページも後ろであれば・・・たどり着きませんよね。

クリックされるには、やはり検索結果の上位に表示されるのが重要なのです。

しかしなぜ、よく使われている検索キーワードを埋め込んだのに検索結果が上位に表示されないのか?

それは「他のブログも同じキーワードで記事を更新している」から・・・つまり「ライバルが多すぎる」からなのです。

ライバル多すぎ

ライバルばっかりだと埋もれてしまう…

初心者が使うような検索キーワードはベテランであれば既に無数の人が使用しています。

いくら検索数の多いキーワードを使用して記事を更新していたとしても、たくさんのブログが同じキーワードを使って記事を更新していたら、初心者の記事なんて上位表示されることはほとんどないです。

上位表示させるためには、キーワードだけでなく記事内容の質ブログの開始からの期間なども考慮されるので、ぽっと出の新人がいきなり勝つことはできません。

だって既にレベルの高いベテランさんに勝負を挑んでも一撃KOですよ、ほとんどの場合。

そこで「intitle」・「allintitle」を用いて、今使おうとしているキーワードもしくは複合キーワード(キーワードをいくつか組み合わせたもの)でどれくらいブログ記事が存在しているのかを調べることが重要なのです。

「intitle」「allintitle」の意味と違いとは?

なかなか聞き慣れない言葉だと思いますが、これからネットビジネスで大きく稼いでいくためにも、この2つの言葉は理解しておく必要があります。

「intitle(インタイトル)」

  • 「in + title」 → 部分一致
  • 複合キーワード(キーワードをいくつかまとめたもの)が1つでも記事タイトルに含まれている

例:「オムライス ふわふわ レシピ」の場合

「オムライス」「ふわふわ」「レシピ」のうち、最低1つ以上が記事タイトルに含まれるもの。

「allintitle(オールインタイトル)」

  • 「all + intitle」 → 完全一致
  • 複合キーワード(キーワードをいくつかまとめたもの)が全て記事タイトルに含まれる

例:「オムライス ふわふわ レシピ」の場合

「オムライス」「ふわふわ」「レシピ」のうち、全てが記事タイトルに含まれるもの。

どちらも、あるキーワードを記事タイトルやブログタイトルに使っているという意味です。

しかし、キーワードが1つなのか2つなのか全部なのかで検索結果が大きく変わってきます。

「intitle」「allintitle」はライバルのチェックに用いると言いましたが、ライバルのブログ内容をチェックするのではなく「どれだけのライバルがいるか」を調べるのです。

※「intitle」「allintitle」の意味に関しては、以下の記事も参考にして下さい。

⇒⇒⇒intitleとallintitleの意味とは?アフィリエイトブログを上位表示させる検索されるキーワード

「intitle」「allintitle」の件数でライバルの多さを見極める

では、実際に「intitle」「allintitle」はどのような関係があるのか。

そもそも、キーワードはターゲットに検索されて初めて効果を発揮し、アクセスを集められます。

「intitle」はキーワードの検索される可能性の高さを表す

そこで、「このキーワード群がどれだけ検索されそうかな~」というのを表したのが「intitle」です。

例えば、「○○」「△△」「☐☐」という複合キーワードがあるとします。

もし「intitle」が多い場合、この3つから最低1つ以上のキーワードが使われているブログ記事が多いということで、需要が豊富な狙い目キーワードということになります。

「○○」「△△」「☐☐」は1つ1つが多く使用されており、広く注目されているキーワードなのです。

逆に「intitle」が低い場合、「○○」「△△」「☐☐」を使用しているブログ記事が少ないという事で、需要が低い不人気キーワードです。

つまり、使用するキーワードとしてはハズレということになります。

ハズレ

このことから、「intitle」の件数が多ければ多いほど、検索されやすいお宝キーワードになる可能性が高いのです。

しかし、ただ検索されるだけでは意味がなく、クリックされて初めてキーワードが活きます。

クリックされるためには検索結果の上位に表示されることが必要です。

そこで同時に考えるのが「allintitle」です。

「allintitle」は複合キーワードをフルに使ったライバルをチェックする

「allintitle」が多い場合、「○○」「△△」「☐☐」の全てを使用しているブログ記事が多いと言う事で、自分で選んだキーワード全てを詰め込んだブログが既にたくさん存在しています。

キーワード単品では絶対敗北を感じ、キーワード全てを組み込んだのにそれでも既にライバルで溢れていたら、初心者が上位表示できる可能性は極めて低いです。

しかし、複合キーワードのうち1つや2つしか使っていない記事タイトルよりも、3つ全て入っている方が必然的に数が少なくなります。

つまり、組み込まれるキーワードの数が増えるほど、ライバルの数が減ると言うことになるのです。

ライバルが減る

以上のことから、検索される可能性が高くてかつ同じ複合キーワードを使っているライバルが少ない程、検索上位に表示されやすい。

コレを言い換えると、

「intitle」多く「allintitle」少ないほど、ライバルを回避できる

ということになり、「intitle」「allintitle」の比率を調べることが、ブログで稼いでいくために重要なことであるのです。

ブログで稼ぐためにはライバルチェックが必須

ここまで、

  • ブログのキーワード選定は稼げるか否かを左右する
  • ライバルで溢れているキーワードでは勝てない
  • ライバルを避けるキーワードを選ぶため「intitle」と「allintitle」を用いる
  • 「intitle」と「allintitle」の意味と違いを理解することでブログが検索上位に表示される

・・について解説してきました。

ただ検索数のあるキーワードを並べただけでは結果は出ず、多くのライバルに負けてモチベーションも上がりません。

しかし、しっかりとライバルの少ないエリアを見極めることによって、大きく稼ぐことができるのです。

では、どのようにキーワードを選定して行けば良いのか、「intitle」「allintitle」を交えてお伝えしていきます。

「intitle」と「allintitle」でお宝キーワードを見つけ、ライバルを”無視”しよう

「intitle」「allintitle」を用いた、

「たくさん検索されて、なおかつ、ライバルの少ないキーワード」

・・の選定方法は以下のステップで実践できます。

  1. ターゲットを想定したキーワードをいくつか挙げる
  2. 「intitle」と「allintitle」で”ステップ1”の複合キーワード(いくつかの関連キーワード)を入力
  3. 「intitle」と「allintitle」の件数をそれぞれ書き出す
  4. 書き出したものから「intitle」が多く「allintitle」が少ない複合キーワードを見つけ、記事タイトルに入れていく

以上になります。

では、実践を通して解説していきます。

「intitle」と「allintitle」の調べ方と狙い目なお宝キーワードの見つけ方

ステップ1.ターゲットを想定したキーワード候補をいくつか挙げる

まず、ターゲットの感じている必要性を見極めます。

自分目線ではビジネスは絶対に成功しません。

相手が何を考え、何を欲しているのかを見極めることで、自然と相手に提供する価値がわかるのです。

とにかく、相手の目線で検索しそうなキーワード候補を複数挙げます。

※挙げたキーワード候補はエクセルに保管しておくと後にも使えて便利です。

エクセルに候補保管

今回はキーワードを「オムライス ふわふわ レシピ 人気」としました。

ステップ2.「intitle」と「allintitle」で”ステップ1″の複合キーワードを入力

①検索窓に「intitle:オムライス ふわふわ レシピ 人気」と入力する

「:」が無いと検索できないので注意

intitleで検索窓に入力

②図左上に「オムライス ふわふわ レシピ 人気」の1つ以上が含まれる記事タイトル数が出る

intitle検索結果

③検索窓に「allintitle:オムライス ふわふわ レシピ 人気」と入力する

allintitleで検索窓に入力

④図左上に「オムライス ふわふわ レシピ 人気」の全てが含まれる記事タイトル数が出る

allintitle検索結果

ステップ3.「intitle」と「allintitle」の件数をそれぞれ書き出す

ステップ2で抽出した「intitle」「allintitle」の件数を、ステップ1で作成したエクセルに記録する。

intitle件数記入

エクセルの表にすることで見やすい一覧表が作成でき、数字の並べ替えもできるので便利です。

ステップ4.書き出したものから「intitle」が多く「allintitle」が少ない複合キーワードを見つけ、記事タイトルに入れていく

全ての候補に対して書き出す

  1. 「intitle」は多ければ多い方が良い
  2. 「allintitle」は少なければ少ない方が良い

初心者が狙う理想としては「intitle=10000件以上」かつ「allintitle=100件以下」です。

オススメ候補

できたら、「allintitle」は10以下が願ったり叶ったりですが、けっこう絞り込む必要があるので、とりあえず2桁であればOKです。

ただし・・・「allintitle」がいくら1桁であっても「intitle」が500件・1000件以下のように“極端に“少ない場合は、そもそも該当する複合キーワードで検索されていないので、当然アクセスは少ないままです。

オススメしない候補

なので理想は「intitle=10000件以上」かつ「allintitle=100件以下」なのです。

以上になります。

キーワード選定は実践してみると地道で大変に感じる

・・とはいえ、この4ステップは初心者がいきなり全部自分でやるのは大変ですよね?

初心者でなくとも”0”からintitle、allintitleを用いて流れを構築し、結果を出すことは時間もかかり困難なことがほとんどだと思います。

自分のブログのテーマやターゲットを決めるのも悩んでしまったり、その対象に想定される検索ワードもたくさん書きださなければなりません。

「intitle」「allintitle」自分の手で入力・検索を実行しなければならず疲労が蓄積し、何よりも時間がかかってしまいます。

「ネットビジネスの基本は記事を書くこと」

これがネットビジネスで稼いでいくための大前提で、記事がなければ読者さんも来るはずがなく、稼ぐことはできません。

記事を作り上げる前から、時間と労力を浪費していてはビジネスとして非常に効率が悪いです。

そこでオススメなのが、そういった「時間と労力を浪費する非効率な部分をツールに任せる」という事です。

今回ご紹介した稼ぐために必須なライバル不在のお宝キーワード自動で選定してくれる「キーワードスカウターS/ST(松井宏晃)」が非常に便利なのです。

このツールは、検索上位表示や読者さんに読んでもらえるような、ブログ記事に必須な「お宝キーワード」自動で発掘してくれる優れものです。

今記事でも解説したライバル回避に必須な「intitle」「allintitle」も自動で抽出くれます。

初心者でも経験者でも手軽に操作でき、非常に分かりやすく表示してくれるため、

  • 「無駄なキーワード選定をしなくていい」
  • 「intitle、allintitleも一発でわかり、ブログにすぐ取り込める」
  • 「自動で抽出してくれるため、抽出中は記事作成など自由に時間を使える」

・・などの利点があり、効率よくキーワード選定ができ、間違ったキーワードを選ぶことも無くなります。

また、ライバルのいない稼げるキーワードの選定を「キーワードスカウターS/ST(松井宏晃)」に任せることによって、時間と労力を効率的に使用でき、あなたの収益も上がりやすくなります。

そのため、初心者ほど恩恵を受けられるツールで、私自身が実際に使用した経験を含めレビューを書いてみたので、ぜひ確認してみてくださいね。

このツールの快適さを1度でも体感したら、手作業にはもう戻れません

「intitle」と「allintitle」がライバル無視のお宝キーワードを見つけるための”カギ”

今回は、

  • ブログのキーワード選定は稼げるか否かを左右する
  • ライバルで溢れているキーワードでは勝てない
  • ライバルを避けるキーワードを選ぶため「intitle」と「allintitle」を用いる
  • 「intitle」と「allintitle」の意味と違いを理解することでブログが検索上位に表示される

・・について解説してきました。

また、キーワード選定の手間を大幅削減し、アフィリエイトの実施効率を大幅に高めてくれる理想的なツールを、私の実践レビューも含めてご紹介してきました。

キーワードスカウターS/ST(松井宏晃)特典付きレビュー!
※上記リンクをクリックすると、今すぐ確認できます。

コチラもぜひご確認ください。

「intitle」と「allintitle」で簡単にブログへのアクセスをアップ

「intitle」「allintitle」は簡単に調べられます。

非常に簡単に、しかも気付かないと実践できないので、ライバルを避けて稼いでいくには、とても重要です。

なので、検索上位に表示されるために必要なライバルのチェックのカギである「intitle」「allintitle」の調査手順として、今すぐ以下の課題を実行して下さい。

  • ステップ1.ターゲットを想定したキーワードをいくつか挙げる
  • ステップ2.「intitle」と「allintitle」で①の複合キーワード(いくつかの関連キーワード)を入力
  • ステップ3.「intitle」と「allintitle」の件数をそれぞれ書き出す
  • ステップ4.書き出したものから「intitle」が多く「allintitle」が少ない複合キーワードを見つけ、記事タイトルに入れていく

以上になります。

過去の文章でも今すぐチェックして反映させていけば、今まで埋もれていた記事でも上位表示される可能性が一気に高まります。

もし、実行したら、私にメールで報告をしてください。

ゆうに報告する

※また、上記ステップを行い「記事に書くべきキーワードを設定したぞ!」という人は、以下の記事で「記事の書き方」も、ぜひご覧ください。

⇒⇒⇒ブログ初心者が最低限知っておくべき読まれる記事の書き方

「intitle」と「allintitle」はライバルを無視しアクセスアップに必須の”お宝キーワード”

ネットビジネスの世界では無数のライバルに初心者や弱者が挑むのは「無謀」です。

しかし、格闘技ではないのでライバルを避けながら大きな成果を上げることができるのもネットビジネスです。

いつでも誰でもできるネットビジネス

いつでも誰でもできるネットビジネス!

そのためには「intitle」「allintitle」を理解し調査をしていくことで、ブログ記事へのアクセスが増えます。

特別なツールは必要なく、パソコンがインターネットにつながってさえいれば誰でも簡単にできるので、

  • ブログ記事が検索上位表示される
  • ターゲットがたくさんアクセスし、成約率もアップ
  • 収入が増える

・・となり、

  • 会社に笑顔で辞表を叩きつけられる
  • 煩わしい人間関係から解放される
  • 人にビクビクしなくていい
  • 将来安定して高給を稼げる

・・まさに苦痛から解放され、ストレスフリーな人生が歩めます。

しかし、今日の記事を読んでも「あ~、なるほどね~」と鼻くそをほじっていれば、あなたの人生は今までと同じく何も変わりません。

  • 会社のウザい先輩にいじめられ
  • 精神が削られ
  • 自由も奪われ
  • おまけに給料低いままで将来の生活も不安しかない

・・こんなストレスばっかで精神が病んでしまうような暗い人生を歩み続けなければなりません。

「intitle」と「allintitle」を理解し、ライバルを無視した「お宝キーワード」を発掘しよう

格闘技のように1対1で戦い勝敗を決めるという概念はネットビジネスにはありません。

強い者を避けても大きな結果を得られるのがビジネスで、稼ぐことが「勝ち」であれば、初心者でも十分「勝ち」を狙えます。

その手段がキーワード選定であり、ライバルを意識することで初めて成功への道が広がります。

ライバルばかりの世界がネットビジネス。

その中で、自分に注目してもらうためには、ライバルを抜いて誰の目にも触れる必要があるわけ。

今回お伝えした「intitle」「allintitle」を活用して、ぜひ、ライバルを無視して稼いでいって欲しいと思います。

そのために、今日の記事が、あなたが1分1秒でも早く稼ぐための手助けとなれば幸いです。

また、何か分からない事や聞きたいことなどがありましたら、以下のリンクをクリックして遠慮なくご連絡くださいね。

ゆうに問い合わせする

今日の記事は以上になります。

最後まで長々と読んで下さり、ありがとうございました。

ゆう

※また、あなたが「キーワードを使って記事を書いて行こう」と思ったら、以下の記事も読んでみて下さい。

キーワード選定も効果的にできる「ネットビジネス無料講座」

理想に向けて飛び出すために

「この”生きた心地のしない社会”から辞めて、自由に生きたい・・・」

こんな思いを、社会人になって以来ずーっと抱いています。

その理由として、

  • 精神的に打たれ弱く、怒られると頭真っ白
  • そのため、同じミスが続く
  • ちょっとした注意でも涙が出てくる・・・
  • 「何もできないやつ」と決めつけられるのが嫌
  • 上司や先輩の顔色を伺いビクビクする日々・・・

コレ以外にもたくさんありますが、もうこの社会では自分は耐えられないという思いです。

もしかしたら、これを読んでいるあなたも同じように感じた事があるかも知れません。

一生懸命労働して、精神・身体・時間、自分を会社のために削っているのに、こんな苦痛ばかりの人生には意味を感じられないのです。

そんなとき、出会ったのが「ネットビジネス」です。

読者さんを第一に考えた「ビジネスの本質」を取り入れて実践する”れっきとした稼ぐ手段”なのです。

コレをブログに取り入れることで“質が高くなる”ことになります。

本文でもお伝えしましたが、時間をうまく有効活用できれば、自然と収益も上がっていくのです。

読者さんが必要とする価値を提供し、それに対しお金をいただく・・・

この思考を持ち、真剣に継続しさえすれば、初心者であっても大きく稼ぐことができるようになるります。

とくに、記事中でお伝えしたキーワード選定は「読者さんの必要性を探る」ということです。

そのため、必然的に読者さんの役立つ内容の記事(コンテンツ)を構築していくことになります。

「会社に尽くしているのにコレっぽっちの給料・・・」
「このまま働いていても将来リストラの不安・・・」
「理不尽に怒鳴り散らす上司・・・」

‥これ以外にもたくさんありますが、「ビジネスの本質」としっかりしたノウハウを利用すれば、仕事に対するストレスのない人生を送ることができます。

「もう仕事なんて辞めたい・・・」

私も常に考えていましたし、現在進行形で現代の社会から逃げだしたいと思っています

しかし、人間が生きていくためには”お金”が必要です。

万が一仕事を辞めてしまえば、収入は”0”となり生活ができません。

ただ、これは収入が”本業のみ”であった場合です。

もし、本業の他に収入を作ることができていれば、また、その収入が給料の10倍、20倍・・・100倍~であったらどうでしょうか?

お金の心配をせずに安心して仕事を辞め、苦痛のない人生を歩んでいるでしょう。

それを可能とする副業が「ネットビジネス」です。

いつでもどこでも、わずかなスキマ時間を作って行けば、収益を作っていける方法です。

そこで、ぜひあなたもネットビジネスに取り組んでみて下さい・・・と言いたいのですが、いきなり「やってみて」と言われても、

「何をどうすればいいのか?」

・・と分からない事だらけだと思います。

私もネットビジネスを始めた頃、自分でいろいろ調べたりしましたが、

「ぜったいオススメです!」

とか

「実践してみてください!」

・・という情報ばかりで、

「自分がいったい何から始めて、どうして行けば良いのか?」

が分からず、結局時間だけが無駄に過ぎていくことがありました。

これから

「質の高いブログを作って稼いで、悩みばかりの社会人生活から抜け出そう」

・・と真剣に考えているあなたには失敗をして欲しくありません。

そこで、かつての私のようなネットビジネス初心者のあなたに、「ネットビジネスで稼いで行くための教科書」をご提供いたします。

これは、あなたが”稼ぐ”という結果を出すための進路を”迷わず進むため”に必要なノウハウを落とし込んだ「教科書」です。

⇒⇒⇒あなた自身の手で未来を切り開くためのバイブル
※上記リンクをクリックすると、すぐに「教科書」を確認できます。

ちなみに、ココまで真剣に読んで下さっている”あなた”には、お金は一切かかりませんので気軽に覗いてみて下さい。

これは、アフィリエイトなども含めたネットビジネス全般で必要な戦略と思考となります。

  • 会社の言いなりで人生終わらせたくない・・・
  • 社会に適合できない自分でも精神的に安定した生活を送りたい・・・
  • メンドクサイ人間関係から抜け出し、周りの顔色を伺う必要なく伸び伸びと生きていきたい・・・
  • 今まで苦しんできた分、残りの人生は心身ともに”楽”をして過ごしたい・・・

・・サラリーマンであれば誰でも感じる苦痛であり、それに振り回されている人生は非常に”損”じゃないですか?

”あなたの人生”は”あなたが幸せになるため”に存在しているので、いつまでも苦悩するのはもったいないです。

あなたも私も、人は自由に、そして幸せに生きる権利があります。

  • 人間関係が希薄で何も言えない職場環境・・・
  • 給料が低くやりがいを感じられない仕事・・・
  • 将来の生活への不安・・・
  • ”怒られる”という恐怖が付きまとう・・・

・・このような苦悩に、あなたの人生は振り回されることほど無駄なことはありません。

私は「たった1回の人生」ならば、絶対に”不幸”よりも”幸せ”の方が良いです。

そして、”幸せ”をつかみ取って行くには何よりも「行動」を起こす必要があり、お渡しする「教科書」には

何をどうしたら”あなた”が理想の人生が歩めるのか?

・・という具体的な”術”が詰まっています。

この「教科書」を隅から隅まで頭に入れることで、あなたがネットビジネスで理想を実現するだけの資金を稼ぎ続けていくことができるのです。

  • 仕事を続けながらでも月収100万円を稼いでいく方法
  • あなたが将来仕事を辞めても年収1000万円以上を稼ぎ続ける手段
  • 人間関係がメンドクサイ会社に頼らず、たった1人でお金を稼ぎまくる術
  • 低い給料で会社にこき使われる人生から卒業し、ストレスフリーで生活する方法
  • ライバル無視のお宝キーワードを厳選し、アフィリエイトでお金をガッツリ稼ぐ仕組み
  • ネットビジネスの成功者が必ず行っている戦略と思考

・・など、

「サラリーマンでも働きながら副業で荒稼ぎをし、精神の落ち着く理想の人生を歩むために必要な”力”」

を身に付けることができます。

⇒⇒⇒あなたが自分で月収100万円を作り出すための『教科書』
※上記リンクをクリックすると、今すぐ「教科書」をお受け取りできます。

私と同じように、仕事で苦しんでいる人に自由で解放された人生を歩んでもらいたい・・・

今の狂っている社会から”堂々と”逃げ出して、”あなた自身の思い描く人生”を送るため、ぜひお受け取り下さい。

そして、必ず『行動』を起こし、あなたの人生を理想の形に変えて行きましょう。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.